買いすぎでローンを組むと

特定調停による方法も任意整理による解決と似ていてそれぞれのお金の貸し手へ借金の返済を続けていくことを選択する債務整理の選択となります。

 

他の表現でいうなら裁判所が間に入る任意整理といえます。

 

この手順も任意整理による方法とほぼ同じく破産とは異なり一部の負債だけをまとめていくことが可能なため、連帯保証人が関係している借入金を別として処理したい場合やクルマのローン以外だけを手続きしていく際などにおいても使用することも可能ですし財産を手放してしまうことが求められていないため投資信託や不動産などの個人資産を持っているものの処分してしまいたくない場合でも活用できる借金整理の手続きです。

 

しかし、手続き後返済が必要となる額と現実の所得を検討して、返済の計画が立つようなら特定調停の手続きで進めることに問題ありませんが自己破産とは異なって負債そのものが消えてしまうというわけではありませんので、借金の総額が巨額な場合などは実際に特定調停の選択をするのは難しいと考えるのが無難でしょう。

 

それから、この手順は司法機関が解決に当たりますので弁護士等に見てもらわなくても立場が弱くなる心配はないという点や手続きのための金額を低くおさえられるという良いところがありますが債権者からの督促に対して債務者自身が応対していくことになる点に加え、所定の裁判所にことあるたびに顔を出すことになる等のデメリットもあります。

 

なお、任意整理による処理に対してこの方法により解決できないような時は借入利息を全部付けた金額で渡していかなければならないということや最終的には債権者へ返済する額が任意整理による手続きの場合と比べて割が合わない傾向にあるというような覚えておきたい点もあります。

 


次の記事も読んでね!!

  1. 買いすぎでローンを組むと
  2. テスト