レートをきちんと計算する

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨を取引して利ざやを稼ぐ商品です。

 

売買の値段は、四六時中変化しています。

 

それがレートです。

 

インターネットを見ているとドルやユーロの市場の情報が流れる場面があります。

 

たとえば、「本日のドル円は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

それは80円50銭から80円52銭の間で売り買いされているという事を示しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを表示しています。

 

別の言い方をすると、取引には、買値と売値の値が存在している事を表しています。

 

売値、買値ではなくビット、アスクと提示している取引会社も存在しています。

 

通常は売値の方が安価になるものです。

 

現実に買値は高く、売値は低くなるはずです。

 

この差をスプレッドといい取引業者の儲けの1つになっています。

 

スプレッドの幅はFX業者によって違います。

 

スプレッドの広さは自分自身にとって支出となるので、低い取引業者を選択したほうが得します。

 

ただ、同じ会社でも場合によってスプレッド幅は拡大したり、縮小したりします。

 

例として円とドルのペアでわずか1銭のスプレッドだったとしてもレートの上下動が激しいケースでは1銭よりも大きくなったりします。

 

ですから、スプレッドの広さが狭いのと共に、変化が少ない事が不可欠です。

 

最近では変化しないスプレッドの広さを表示する取引会社もいろいろあります。

 

リアルにFX業者の売買画面の上で実際の為替相場をチェックしなければ判断できないのでやっかいですが、大事な事です。

 

重要なお金を投入して売り買いをするわけですから、本物の取引の前に、気になるFX会社の取引するための口座開設を試してスプレッドを実感しましょう。

 

同じ外貨でも、その時間帯のマーケットの状態によって、通貨のスプレッドの幅は変化します。

 

いつもはインターバンク相場で取引高が多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの幅が小さく、別の外貨では拡大するのが普通です。